2014年12月31日水曜日

GIFMAGAZINEのインタビュー受けました

夏頃からGIFMAGAZINEというGIFアニメの共有サイトに
http://gifmagazine.net
多眼カメラの画像をアップロードしてます。
(ああ、これでFlickr、tumblr、Google+に加えてGIFMAGAZINEにもアップせねばならんのか、と思ったり。Flickr以外はそこそこ選んでアップしてますが)

GIFMAGAZINEのいいところはTwitterのタイムラインで、ノークリックでGIFアニメが再生されるところです。
だからまあ、Twitter用にアカウントをとってアップロードしてたのですが、
GIFMAGAZINEとAdobeでGIFアニメのコンテストというのをやってたので、応募してみました。

このシリーズから3枚組で応募しました。1年以上前に撮ったものです。


ストーリー性がないからアニメーションとしては弱いかなと思ったけど、「アート部門賞」をもらいました。
http://gifmagazine.net/creators_magazine/thegifs_2014_result/
うーん、今初めて他の作品をちゃんと見たけど、もっとアートっぽいのがどっさりあるんじゃん!
珍しい作風だから何か賞をあげよう、という事だったんだろうけど。

さて、そんな縁もあってか、GIFMAGAZINEのインタビューを受けました。
3回に分けて公開するようですが、その1回目が今日、公開されました。
http://gifmagazine.net/creators_magazine/yoshinaga_01/
多眼フィルムカメラの入り口と言いますか説明と言いますか。
まったく実践的な事を言ってなくて、3回シリーズだから次のインタビューで実践編になってたらいいんだけど、違うんですねえ。
どうやら学生や若いクリエーター向けのインタビュー的な側面があるような。
(僕だって若くないというだけで、立場も技量も下層をウロウロしてますけどね)
生い立ちとか、創作活動の原体験とか、あったら語ってほしかったみたいだけど、話す事がなくてねえ。
だからインタビューの次回予告タイトルとか…大げさですよこれは。

いずれこの3回とは別に「実践編」をやりたいな、という話になってますが、具体的にはどうなることやら。

インタビューで言っておけばよかったな↓
タイムスライスだったらやってる人は他にもいるけど、GIFでコンスタントに発表してる人はあんまりいないのかも。
4眼ぐらいの3DカメラってGIFに適してるよね。フレーム数がそんなに多くならないから。
他のフォトグラファーでも、GIF以外のフォーマットでアップロードされる事はあまりないかも。多眼フィルムカメラの画像って。

2014年12月29日月曜日

YONGNUO YN560ⅢをLOMOKINOに使えるか…無理みたい

先日、初めて買った本格ストロボ、YONGNUO YN560Ⅲですが、出力1/128にまで落とせてかなりチャージの時間が短いので、これはLOMOKINOに使えるんじゃないか?1秒間に2〜3コマ撮影するとして、すべてピカピカっと光ってくれるんじゃないか?
と思って装着してみた。ちょっとファインダー見にくくなるけどね。

はい、カタカタっとハンドルを回してみましたが、うーん、やっぱり無理みたい。
最初の数枚は光ってくれるけど、後は1枚おきぐらいに光ったり光らなかったり。
これは100円ショップの安物単三アルカリ電池だからいけないのではないか?
そう思って、滅多に買わないPanasonicエボルタをわざわざ買って入れてみたのだが、同じだなあ。

ちなみに、ロモグラフィー推奨のストロボセットがこちらです。グリップもロモグラフィー純正。

ていうかこのグリップとストロボを取り付けるためのベースがワンセットで売ってて、それがないと専用ストロボを取り付けにくい。
いや、専用ストロボじゃなくてFritz the blitzという…もともとはロモグラフィーの他のカメラ用にデザインされたものをLOMOKINOでも使えるように改良したもの、だと思う。
で、それをオレ持ってるんじゃん。

ちなみにFritz the blitzで使う電池はCR123Aです。

電池の上にツマミがありますが、それでムービーモードにすると、1秒2〜3コマぐらいならちゃんと光ってくれます。

ていうかあんまり使ってないね、LOMOKINO。よくないですね。使いましょう。

LOMOKINOの専用グリップは、ロモグラフィーの通販サイトで見当たりませんね。セットでは売ってるけど。売り切れかな。
http://shop.lomography.com/jp/the-ultimate-moviemaking-kit
僕はアーツ千代田3331のロモグラフィー店舗でグリップだけで買いました。
http://www.lomography.jp/more/stores/tokyo

Fritz the blitz単体で売ってるのがこれなんだけど、売り切れみたいだなあ。
http://shop.lomography.com/jp/fritz-the-blitz-flash-2

Fritz the blitzを様々なカメラで使えるようなアダプターとセット売ってるのがこれですね。これだけではLOMOKINOでは使えません。使えない事はないんだけど、スマートに装着できません。上のグリップも買わないと。
http://shop.lomography.com/jp/fritz-the-blitz-accessory-kit-2-0

2014年12月11日木曜日

ロモグラフィージャパンのフィルム現像サービス終了らしい

今年いっぱいでロモグラフィージャパンのフィルム現像サービスが終了だそうです。
http://www.lomography.jp/magazine/news/2014/12/05/20141231-lomolab-close
僕はアーツチヨダのロモグラフィー店舗で一度だけ現像をお願いした事があります。
近所のスピード現像ではやってくれないクロスプロセス現像を。
一度っきりなのでサービス終了に文句を言える筋合いではないのだけれど。

アナログカメラを推進してるはずなのに現像サービスをやめるなんて、ロモグラフィージャパンの商売自体が段々縮小してるのでしょうか。
ロモグラフィージャパンの通販ページも、以前は日本語だったのに最近英語になってるからなあ。

以下、自分のツイートを並べてみました。








2014年12月8日月曜日

ストロボ関連 YONGNUO RF603CII-C3 とエツミ バルーンディフューザーを買ってみた

本格ストロボ YONGNUO YN560Ⅲ購入に気を良くして、(このブログ2014.11.23.の記述)関連品を買ってみました。

カメラから離れたところに設置できるように、無線リモコン的なやつ。
YONGNUO RF603CII-C3
アマゾンでニコン用とかキャノン用とかあったので、一応キャノン用を買いました。

「一応」というのは、付属ケーブルをカメラにつないで使用する場合は接点の形状が問題になって、ケーブルでニコン用とキャノン用があるのだけれど、その使い方はせずにホットシューしか使用しないので、ニコン用だろうとキャノン用だろうと関係ないので。
とは言え、ニコンのカメラ持ってなくて、キャノンのカメラを持ってるからねえ。とは言え、現在メインで使っているEOS 70Dはやっぱりこのケーブル使えないじゃん。

送信/受信兼用機がふたつセットになってます。どちらかをカメラのホットシューにつけて、もうひとつにストロボを付けます。説明書が例によって英語と中国語だけなんだけど、イラストもあるし、まあこうやって使うんでしょう…オッケーオッケー!ばっちり使えます!
カメラはホットシューに挿さればキャノンじゃなくても使えます。フジX10でも普通に使えます。
しかし残念ながら、nimslo 3Dカメラだと、なんかピンがあって入らないぞ〜!

なんだよこのピン邪魔だな〜。
ピンは押せば引っ込むんだけど、どこかで引っ掛かるようで奥まで入りきってくれない。無理に押し込むのは怖いしね。

結局こうなりました。

あんまりかっこよくないんだけど、大きな利点がありました。
このブログ2014.11.23.の記述に書いてある問題点、「"準備できました警告灯"が点きっぱなしに」ならないのです。
だからまあ、これはこれでいいかな、と。

ストロボを取り付ける側はこんな感じ。


ちなみに、ストロボは他の汎用ストロボでも使えるのかな…
使えますね〜。僕が持ってる他の安物ストロボ群でもばっちり使えます。
これはいい!これあともうワンセットぐらい買ったらいろいろ面白い事できそうじゃん。

もひとつ、ストロボ関連品で、ディフューザーを買いました。
ディフューザーは光源から遠く、被写体に近く、面積が広いのが効果的なのだけれど、
そうは言っても小さく折り畳めて持ち運びのストレスが少ない物がいいですからねえ。

エツミ バルーンストロボディフューザーとな?

値段も安いし、なんとなくわくわくしたので買ってみたけど、やっぱちょっと小さいよなあ。
ディフューズ面は12cm×20cm程度。効果の程はまあ、少しはあるっていう感じ。
空気を抜けばカメラバッグのどこかにねじ込んでおきやすいのは確か。
どこかの説明に14cm×20cmって書いてあったけど、膨らませると中心部分の縦サイズが短くなって12cm。もっとも、14cm×20cmの面積で拡散させてるとも言えるか。
準備段階として息でふうふう膨らませる必要があるから、その光景がネタとして楽しいかも知れない。
あと、旅行に持って行くと空気まくらにもなるかも。