2017年9月8日金曜日

HOLGAがやってきた

自分で35mm白黒フィルムを現像するようになったので、むらむらと120フィルムカメラも扱ってみたくなってきた。
120フィルム(中判フィルム)って、お店でスピード現像してくれないから、興味はあってもあまりそそらなかった。
120フィルムカメラ持ってることは持ってるんだ。HOLGAのステレオカメラ。(このブログ2015.10.19の記述) しかし左右のシャッターがちゃんと同期しないのでほとんど使用してないのです。HOLGAステレオカメラだとフィルム1本で6テイクだからコストもね〜。

で、またHOLGAを一丁買いました。120フィルムなら、高精細・高ダイナミックレンジな写真を撮りたくなるけど、それなりにお高いカメラが必要でしょうからまあ、HOLGAで。

ガラスレンズなら、中心部分だけでもそれなり高精細になってくれるかな〜。
HOLGAステレオカメラを使用してみて内蔵ストロボが非力な事を知ったので、ホットシューに外部ストロボを付けられるのがいいな〜。
という事でガラスレンズ・外部ストロボのHOLGA120GNを買いました。アマゾンで未開封品2478円。ハコ捨てちゃうから記念撮影しておこう。
写真にはないけど、全体が透明プラスチックの箱に入ってて、それがかなりボロボロでした。それでちょっと安かったみたい。

日本の販売店のカタログと、日本語の説明書もある〜!

645用マスクと、カメラストラップが付属。6×6マスクはカメラ内に入ってます。
6cm×6cmサイズだとフィルム1本で12枚。6cm×4.5cmサイズだと16枚撮れるらしいです。
なんとなく、6×6で撮る事が多いんじゃないかな。なんとなく。まだ使ってないもので。

フィルムは当然白黒で一番安いの、フジNEOPAN100ACROS。5本で2336円。


1本あたり467円、プラス現像代が100円として567円。12で割ってワンテイク47円!いいね!
ちなみに、35mm4眼カメラでカラーフィルムだと…一番安いフジのC200が1本あたり360円で現像代がお店によるけどパレットプラザの702円で計1062円。18テイクで割ってワンテイク59円。
今までの4眼より安いと思うと、なんだか撮りやすい。(白黒4眼だともっと安いけど)
前述のHOLGAステレオカメラをほとんど使わなかったのは、お店で現像としか頭になくてワンテイクあたりのコストと仕上がりを考えてたから。自分で現像となると、また使ってみるかも。

そして現像タンク!こないだ買った35mmフィルム1本用は120フィルムで使えないから、120フィルムでも使える「35mmフィルム2本用」を新たに購入。えー!買ったばかりのタンクがもういらないの?もったいねー!だって自分で120フィルムを現像する現実感がその時にはなかったんだよ。

LPLが輸入販売してるスペインのAP社製。

さて、当ブログではだいたいカメラを買ったら写真もアップしてますが、今回はまだです。まだ撮ってないから、というのもあるけど、120フィルムをスキャンできるスキャナがないんだな〜。どうしよ。
ネガフィルムだからスキャン・反転しないと何がどう写ってるかわからんのだが。
スキャナ買うのは…来月以降かな。まあその問題は後で。


2017年9月5日火曜日

自家現像するならノイズまみれにしてみたいのだが self development 2

前回の記述 白黒フィルム現像やってみた のつづきです。

どうせ自分で現像するなら、失敗してベロベロ(?)になった画像とかやってみたい。
まず、無難なところで、薬品をいじらなくていい、水洗いの時間を変えてみよう。
Wikipediaか何かで、ちゃんと現像するには水洗いの時間が1時間必要とか、そんな記述を読んだ気がする。1時間!そりゃあ促進剤が欲しくなるね。

なのでまず、水洗促進剤なしで、5分間の洗浄のみ。それ以前のプロセスは正常にやってみた。
カメラはNishika N8000 浅草にて
うーん、普通に現像できてる気がする。
一部拡大すると
この、うごめく黒い点々がかっこいいけど、水洗時間短縮のせいなのかよくわからない。nimsloではあまり見ないけど、他のカメラ、NishikaやImageTech3Dfxだと、お店で現像してもたまにこういうのがあるよ。まあこれはわりと多く黒点が出てるかな。
しかしGIFだとだいたいワイド500ピクセルぐらいにするので、拡大しないと分からないノイズはつまらないですね。


では、水洗いの時間を1分にしてみよう。
なんか、普通に奇麗に現像できてると思うのは私だけでしょうか。

浅草演芸ホール
露出の問題はあっても、ノイジーではないなあ。

洗浄に水ではなく炭酸水を使ってみよう!
なにか刺激にムラができたりするかしら。

普通に現像できました !白黒で撮ると時代がわかりにくい、人力車!

ウィルキンソン浅草寺!

炭酸水でも洗えますね。コストがかかるので今後はやはり水で。

では、水洗いなし。さっと水を流す程度で、5秒ぐらい。
近所のお稲荷さん。四ツ谷稲荷神社。
奇麗とは言えないかな。おそらく、フィルムの能力を引き出すという点では失敗なんだろうけど、自分が求めているのはもっと破滅的な何かなのだ。

とりあえず、水洗促進剤っていらないんじゃないかな〜と。普通に5分以上水洗いすればいいんじゃないかな〜と。まあ今ある分は使いますか。
あと、ドライウェルも使わなくなりました。キッチンペーパーで拭いてます。ノイズとか関係なく、これでいいじゃん、って。手ェヒリヒリするしね。

おそらく、写真をPCでレタッチできるようになる以前は、現像で失敗した点をプリント時に補正するのは大変だったのではないかと。特に黒点が気に入らなかったら筆で修正するしかないだろうから。
それで「完璧な現像」が求められるようになったのではないかと。いやまあ、それでいいんですけど。

今日のところは、スチールたわしでフィルムをこすってノイズ作りをしておこう。
フィルムの神様に怒られる〜。

浅草神社
いい感じの「雨」

100円ショップに、もうちょっとゴリゴリできるの売ってました。
スチールが一番固いみたい。

バンダイ前のキャラクターストリートにて。
これくらいノイズさんには目立ってもらいたい。

以上、すべてカメラはNishika N8000
フィルムはフジNEOPAN100ACROS
しかしフィルム現像後に傷付けるって、自分で現像しなくてもできるから、つまんないな〜。



フィルム洗浄にも使えます。

私は普通に味のある、ジンジャーエールがいいな。

2017年9月1日金曜日

白黒フィルム現像やってみた self development

revologの高いフィルムを装填するのに、無駄なくフィルムを使いたいのでチェンジバッグを買ってみました。(このブログ2017.8.10の記述)
まあ実際には、真っ暗なトイレで装填すればいいから、あんまり使わないんだけど…
買ってみたらアマゾンから現像用品をプッシュされるようになりました。
じゃあ、、やってみようかしら。

検索すると、現像だけなら暗室不要で、白黒ならそんなに難しくないみたい。
http://aremo-koremo.hatenablog.com/entry/2014/09/10/113418
などなどいくつかのサイトを参考にして、道具、薬品を買ってみた。

プラスチック現像タンク、35mmフィルム1本用。


フィルムピッカー

これは現像するしないに限らず、前からちょっと欲しかった。
フィルムを意図せず巻き込んでしまった時などのために。

温度計、現像に適してるかどうか不明だけど、温度が分かればいいでしょ。


あと、僕がアマゾンで買ったのは、水洗促進剤

現時点でアマゾンをみると物が72円で送料が540円だって!
僕が注文した時は送料込み358円ってのがあったんだけどね。

他にも、現像剤フジスーパープロドール、停止剤フジ酢酸、定着液スーパーフジフィックス、水切り液フジドライウェルなどを…ヨドバシカメラで買いました。アマゾンだとそれぞれ送料500円ぐらいかかるんだもん。東京に住んでいると、お店にも無理なく行けるからいいね。

ただ、後日書くけど、こんなに薬品買わなくてもよかったような。現像剤と定着液だけでもよかったかも。まあそれは後日…

それぞれの薬品をうすめて保管しとくボトル。空のペットボトルと、数が足りなかったので100円ショップで適当なボトル。それと、計量カップと「ろうと」も100円ショップで購入。

さて、やってみよう!
夏のことなので水温が下がりませんね。27度か…まあいいや、それなりに適当に現像と定着の時間を短くしてみた。
現像、停止、定着と、液を入れ替える時のロスタイムを少なくした方がいいだろうから、けっこう忙しいですよ。
どのタイミングでタンクからフィルムを出していいのかよく分からなかったけど、「流水で水洗い」って書いてあるサイトがあるから、この時点ではタンクから出してるんだろうなあ…
後でわかったけど、タンクのフタだけ外して水を流す方が楽で早いし、リールに入っていればフィルムがぺったり密着してないから効果もたぶん高い。
リールから外して水洗いしてしまった。これではフィルムが密着してるから離してやらないといかんなあ、と薬品に手をつっこんだり。

できた!できたのか?
ちゃんと現像できてる!たぶん!スキャンスキャン!
わりとちゃんとできてるんじゃね?

nimslo 3Dカメラで撮影
フィルムはフジのNEOPAN100ACROS

西新井大師にて。
いいね〜。
しかしチラチラするのは現像ムラ?(ワンテイク4枚組の中で明るさが違う)
いやいや、nimslo 3Dは1980年頃のカメラで、レンズが汚れてるから。お店で現像してもこれくらいは…
新橋駅前ビルのタヌキ。順光ではあまりちらちらが発生しないはずなのだが、これくらいはありかなあ。うむむ。

こちらも新橋駅付近。
白黒で撮ると昭和っぽい!

MINOLTA PROD-20'S(このブログ2017.2.19の記述)でも撮ってみた。同じフィルムを途中でカメラ替えてみて。テスト現像なので複数のカメラで撮りたいよね。
西新井大師にて

こちらも西新井大師にて
ストロボ光ってしまった。PROD-20'Sはストロボ自動発光のみなのだ。

うむむ、現像、うまくいったと思いますよ。面白い!手がヒリヒリするけど!
そして安い!フィルム1本あたり100円もかからないぞこりゃ。もっと早くやってればよかった!いやほんと。

ところで廃液をどう処理するのか。検索してみると、10年ぐらい前までは、個人なら「大量の水で薄めて流す」というのが推奨というか、それでしゃーないよね、という感じだったみたい。
今は「処理業者に任せるのが常識人」みたいで、個人もコンプライアンス遵守の時代になったというか、パッシング社会になったというか。
業者にお願いしてもいいんだけど、ええと、まず廃液を種類ごとに20Lのポリタンクに溜める…
にじゅうリットル!
現像液は1リットルでフィルム10本処理できるから…まあ20リットルいっぱいじゃなくてもいいんだろうけど、白黒ばっかり撮るわけじゃないし、2、3年かかりそうだ!
どこか写真サークルにでも入れば、そこで集めてたりしてないかな。

今回使用したフィルムは、NEOPAN100ACROSS

アマゾンで売ってる白黒フィルムの中で一番安いヤツ。それでも現時点で36枚撮り3本1600円だから、1本533円。安いカラーフィルムに比べたら、ちょっと高いよね。
数年前だったら、「安いカラーフィルム」と「安い白黒フィルム」を比べたら、白黒の方がぐっと安かった気がするんだけどなあ。数年前じゃないか、10年前か、もっと前か。

2017年8月21日月曜日

revologのフィルムStreakをKalimar 3D Wizardで使ってみる

引っかいたようなテクスチャが現れるフィルム、revolog Streakを買いました。
https://shop.lomography.com/jp/revolog-12exp-streak-1pack

これまた12枚撮りだ〜!余分な感光するともったいないからトイレ(暗室)でカメラに装填!
revologのフィルムは「460nm」「Texture」と使ってみて(このブログ2017.8.10の記述)、どちらかというと「Streak」は「Texture」の同類かと思う。ISO200と書いてあるから、200よりちょっと暗い程度かな〜。
今回の使用カメラはいつものnimslo 3Dじゃなくて、Kalimar 3D Wizard。
4眼より3眼の方が撮れるテイク数が多いよ。
12枚撮りフィルムだったら、4眼だと6テイク(トイレ効果で7テイク)、3眼だと9テイクのはず。トイレ効果で10テイクは撮れるかな。

Kalimar 3D Wizardについては
http://www.stereoskopie.com/Stereokameras/Stereokameras_nach_1945/Kalimar_3D_Wizard/body_kalimar_3d_wizard.html
ここにスペックデータのキャプチャ画像がありますね…
画像ではなく一番下のテキストデータにはf/8と書かれています。まあ絞りフルオープンでそれくらいかな。ISO200より暗いフィルムだとして、明るい屋外で撮るか、屋内で内蔵ストロボ使用なら近寄った方がいいね。そう思って撮影。

ももづか怪鳥!
ハダカで光を反射しやすいから、もう少し離れた方が効果は出たかな。

The Candy Ditches

Tha pino noirレコーディング中!
余談:Tha pino noirをあちこちで入力してたから、間違えてThe Candy DitchesをTha Candy Ditchesと入力しちまいましたよ。Twitterにその跡が残ってます。はずかし〜。
色はもう、なんでこうなるのかわかりません。カメラのせいでもある。
肌色が自然に見えるように補正したいけど、もういいや、とも思う。
より縦長な画像があるのは、写真撮って、ちゃんとフィルムを巻いてるはずなんだけど、隣のテイクと重なってて、3枚のうちの1枚が縦長になってしまい、それにあわせてトリミングしてるからです。
そういうカメラです。

台東区駒形にて。夕方5時頃に撮りました。ストロボ使用。そんなに暗くもなかったと思うんだけど、テクスチャと中央の被写体のコントラストをはっきりさせたくて、こういう補正になりました。
でも実際、2017年の8月は曇り空が多くて、夕方でも昼間でもあまり変わらないくらい。

直後に浅草で撮影。背景が明るい、全体的に明るいので(全然明るい写真ではないが)、テクスチャが目立たないですね。

ふむむ、面白い!
多眼カメラからのGIFでもいいけど、普通にLomography SprocketRocketなどで撮ってもかっこいいかも。複数コマにわたるような長いキズもあって、そういうのSprocketRocketにいいかも。

Kalimar 3D Wizardではrevolog Streakフィルムで10テイク撮れました。最後にもう少し巻ければ11テイク撮れたんだけど、現像してみて最初のテイクがスタート感光部のギリギリだったので、まあ10テイクですね。途中で少し重なってるし。


このブログ2013.4.3 kalimar 3D Wizardの記述
https://yhmv.blogspot.jp/2013/04/kalimar-3d-wizard.html

2017年8月15日火曜日

Lomography Redscale XR フィルム

ロモグラフィーのリアル店舗で
(検索したら今年8月、9月の営業日案内のページがあった http://www.lomography.jp/magazine/309245-lomography-plus-japan すげーな、8月半分休みじゃん!小売店なのに!さすが外資系!)
Lomography Redscale XRフィルムなんつうのがあったので買いました。

何やら赤っぽく写るようで…
これは↓2010年の記事ですが、
http://www.lomography.jp/magazine/34719-experiment-with-the-new-lomography-redscale-xr-film
現在は通販ページにもないし、もう生産してないのでしょう。

ISOが50から200ってなんだそりゃ。カメラの設定を200にすると(露出アンダー気味にすると?)より赤くなって、設定50にすると(露出オーバー気味にすると?)青みがかったりもする…ふーん。
nimsloの設定は100か400だし、ストロボの強さとかコントロールしてみますか。やってみよう!

TAPE & DRIVES
それなりにストロボ強めにしたつもりなんだけど、赤いですね〜。普通にISO200のフィルムだったら、手前の人物は完全に露出オーバーだと思う。

長時間露光(1〜2秒程度)は
ヴォルケーノ・オレンジ!
全然青くならないですよ。まだまだ露出が足りないのかな。
これは露出による効果ではなく、PCで色補正する際、あえて赤の暗い部分を下げてみた。

どうもライブハウスでは赤いばっかり。そりゃまあ、もっと長時間の露光をすると違うかも知れないけど。
外で撮らないと青みがかってくれないかな。



Redscale XRフィルムは僕が買った後にもう一箱残ってたけど、数日後にお店に行ったらもうなかった。最後の在庫だったのかな。


使用スキャナ エプソンGT-F730の後継機F740

2017年8月10日木曜日

revologフィルム使ってみた 460nmとTexture

ちょっと変わったフィルム、revolog 460nmをLomographyのリアル店舗で3ヶ月ぐらい前に買って、それっきりだったのを使ってみました。

revologはオーストリアのフィルムメーカーと言いますか、フィルムを加工してヘンな色にしたりヘンな効果が出るようにしたり。
http://www.revolog.net/en/

日本語でのフィルム紹介ページは…Lomographyでもいいけど、1ページでいろいろ紹介されてるこのページがありました。
http://superheadz.com/film/
しかし通販サイトとしてはもう扱っていないような…

revolog 460nm

何だか青っぽく写るみたいですね。
それすら忘れて、これ、どんなエフェクトだっけ?と思いながら撮ってみた。

nimslo 3DカメラでTha pino noirのスタジオレコーディング風景を撮る。
最初のワンテイク、バルブ撮影なのにNDフィルター付けるの忘れて、おっと、今のは明るすぎだな〜、まっしろしろだな〜、と思っていたら、それが一番まともに撮れてた。
なにやらシュールなレコーディング風景ですが、ストロボを遠慮したからでもあるのですね。それでも今までの経験からそれなりの写真は撮れると思ったんだけどなあ。
だって他は暗い写真ばっかりなんだよ。シャッター2秒ぐらい開けてるのに。
なんかもう、GIF化して何が写ってるのか確認するの面倒臭い。

パッケージにはISO200と記されているので、いつものフジカラーC200と同じ感覚で撮ってたけど、これ200だと思わない方がいいぞ、25とか、20とか、それくらいじゃないの?
NDフィルターなしでちょうどいいくらいだった。

最初の1本はそんな事わからないから、ひたすら暗い写真を撮るのだ!
国立科学博物館のトリケラトプス。バルブ撮影。NDフィルター有り。

トリケラトプス。通常撮影。ストロボ使用。NDフィルター無し。

上野公園の噴水。夜じゃないよ、昼間だよ。夕方だけど。通常撮影。ストロボ不使用。NDフィルター無し。

スキャナーがまず自動補正してるし、その後もアプリケーションで補正してるので、上の写真すべてが「こう写ってます」といい切れるものではないけど、暗いよね。
もちろん、nimsloのフィルム感度設定スイッチは100にしてます。こうすると通常撮影においては、400よりも100の方が「暗いフィルムが入ってるんだから明るく撮らなきゃ」とnimsloが思ってくれるのです。

そもそも現像プロセスが違うのかな〜とも思った。パッケージにC41って書いてあるからお店でC41でお願いしてるけど、スピード現像には向いてないのかな〜とか。
現像されたフィルムを見ると、一カ所だけ、効果となる薬品が塗れてないんだか剥がれてしまったんだか…
ほほ〜お、もとはコダックのフィルムなのね。ケースがコダックなんだけど、中身もコダックだったか。
(スマホの上に置いて撮ったので、ディスプレイのブツブツが写ってます。あと、部屋の物もぼんやり写り込んでいます)
ちなみにこの、紫じゃない部分、薬品?が剥がれてる?部分が本来の露出、僕が想定していた写りです。やっぱりかなり暗くなるようで。
こう暗いと分かっていれば、それなりの撮り方もあったのに。
次はそうしよう。NDフィルターなしでバルブ撮影しよう。



もう1本、revologのフィルムTextureを
https://shop.lomography.com/jp/films/35mm-film/revolog-12exp-texture-1pack
先日買って、撮ってみました。

水玉、というよりも油膜みたいなテクスチャで困ってしまうフィルム。
そしてこれ、12枚撮りで980円!タカーイ!
12枚撮りってことは、nimsloだと6テイクしか撮れないじゃん!現像代がパレットプラザでの702円として、計1682円、1テイクあたり280円!
フィルム装填する時、無駄に感光させるのがもったいないのでトイレにこもって(暗い中で)手さぐりで装填しました。やればできるもんだ。
したらば、最初の1回もふくめて、8回シャッターを切れました。7テイク撮れるんじゃないかな〜と思って、7回撮って、更にまだフィルムを巻けるから、これはひょっとしてちゃんと装填できてなかったのではないかとハラハラしたけど、8回目の後が正常に「巻けなかった」ので安心。
ただ、最初のテイクは一部感光していた箇所と重なっていたので、やはり7テイクが妥当なところでしょう。暗所で装填しなかった6テイクだな〜。
今後もこういう高いフィルム使うなら、出先でも暗所装填できるようにチェンジバッグ買う?

ちなみに、revolog 460nmは1480円。更に高いけど、36枚撮りなのでワンテイクあたりだと460nmの方が安い。
もっとも、Textureは飛び道具っぽいから、12枚撮りぐらいでもいいのかもね。現像代安くならんかな〜。

revolog Textureをトイレ装填したnimslo 3Dを持ってTAPE & DRIVESのライブに行きました。
最初の1枚はライブハウス近所のラーメン店。テスト撮影だからいろいろ撮っておきたい。
惜しい、もうちょっと巻いてからフィルムを引っ掛けていれば(フィルムスタートの無駄な感光部分が終わってすぐに写真の露光になるように、ある程度空巻き(カラマキ)してからフィルムを引っ掛ける…手さぐりでそんなコントロール難しいだろ!やってみたつもり)、4コマ撮れたろうなあ。でもフィルムの終わりも少ししか余裕がなかったので、スタートがうまくいっても8テイクは無理だろうなあ。

revolog TextureもパッケージにはISO200とありました。ほんまかいな?と思ったけど、自動露出で撮るとなるとどうしようもない。けどまあ、このラーメン屋の写真は普通に撮れてますね。夏の屋外、夕方4時半頃。ちょっと暗い写りかな。カメラの設定はISO100だからもっと明るく撮れてもいいと思う。
くどいようですが、スキャナー取り込み時にソフトが自動補正してます。
油膜効果については、ぱっと見た感じ、あんまり目立たないね、暗い方が効果は出るらしいけど。
現像するまではrevolog 460nmと同じようにISO200どころじゃない暗さになるかもと思って、ライブ撮影ではストロボの設定を明るくしました。と言ってもGN32だったかそれくらい。ストロボはViltrox JY610II


ヤヴァイ!楽しい!
KING BROTHERSじゃないよ、TEPE & DRIVESだよ。

上の写真、肌色の暗部が青っぽいのはそのようにPCで補正してるからです。
普通にしてると油膜の赤っぽさが強いので。
ちなみに現像は460nmと同じお店でやってもらいました。ちょっと暗い気もするけど、460nmほどではないですね。普通に使用できます。

惜しむらくは…3D写真なのに立体感が薄れてしまうこと!うわー、致命的で素敵!



チェンジバッグとは…カメラを中に入れて、光が入らないように手を入れる穴もあって、明るいところでも手探りでフィルム装填などできる袋。フィルムの値段が高くて撮れる枚数が少ないと、本気で購入・使用を検討するかも。


2017年8月5日土曜日

3D-GIF 作品展示 国立科学博物館地球館B1

2017年5月
上野の国立科学博物館にて
nimslo 3Dカメラで長時間露光
Lomochrome Turquoise フィルム使用




という…私のお気に入りLomochrome Turquoise フィルムなのだが、
https://shop.lomography.com/jp/lomochrome-turquoise-35mm-10pack
webショップでもリアル店舗でも、在庫は中判フィルムだけなようす。
また作って売ってほしいなあ。

国立科学博物館
http://www.kahaku.go.jp

このブログのラベルlomochromeの記述
https://yhmv.blogspot.jp/search/label/lomochrome