2017年7月18日火曜日

レンチキュラー立体写真試作その後 lenticular

このブログ2017.7.9の記述「レンチキュラー3D写真やってみる」のつづきと言いましょうか。

60LPI(視野角74度)と75LPI(視野角59度)のレンチキュラーシートも買い足して、とにかく試作・試作・試作!(前回買った60LPIは視野角42度。30LPIは大きなプリントじゃないとあまり使わなそうですね)

印刷DPIの簡単な求め方としては、たとえば60LPIで4視点画像だったら60と4の公倍数をDPIにすれば考えやすいはず。240DPIとか、480DPIとか。
印刷サイズとDPIで画像の縦横ピクセルが決まるので、それにあわせて元画像を拡大・縮小します。

まあそれは、自分でFireworksで印刷画像を作成していた時の考え方で、
Twitter @_mer2さんから教えてもらった
http://z800.yokinihakarae.com/html5test/ne05e_prn_b.html
を利用するのには、そんなシバリはなくてもいいんだけど、こういう、ベースとなるDPIの求め方があった方が、あまり悩まなくて済むかも。
(↑すげー便利なページ。今回の試作・試作・試作はこのページがあればこそ!)

で、60LPIレンチキュラー用に、4視点の画像をLサイズ縦写真で480DPIでプリント、やってみた。
うむむ、いくつかやってみたけど、視差が大きいとよろしくない。どうよろしくないか表現しにくいけど、おおきなスジが縦に発生してしまう。じゃあどれくらいの視差なら、って計ってみたら基準点からプラスマイナス2%ならわりとスジ発生しないかな。
計4%の視差であれば立体写真としてはまあまあなんだけど、基準点からってのがクセモノで、だいたいはっきり細かく見せたいものは手前に置くから、奥2%の視差しかないのは、立体写真として寂しいですね。

で、いろいろ試してみて、DPI値を微妙に変えてみようかしら?DPIを少し増やすと、スジが太くなってそのぶん境目がぼんやりして目立たない。あんまりDPI増やすと基準点の細かいところが判別しにくくなるので1.04倍ぐらい…本来480DPIなら499DPIでプリントするのがよさそうだぞ、という結論が出かかっています。
こうすると、視差は基準点からプラスマイナス4%ぐらいまで許容できます。
これがプリンターの性能の問題なのか、「そういうもの」なのか、わかりません。

更に小さいサイズのプリントなら、Lサイズの半分の名刺サイズぐらいなら、同じやりかたでプラスマイナス5%ぐらいの視差もいけますね。
ただ、小さいプリントでレンチキュラーだと細かい質感の表現は難しくなって、記号的な画像表現にのみ適するようになってしまうような。75LPIでもやってみたけど、細かい部分の判別は…60LPIとそんなに変わらないような。

たべもの3D写真でも試作してみました。
これはわりといいですね。
たべもの3D写真はだいたいデジタル一眼レフを使用して、被写体は動かないで、カメラを動かしてます。ワンテイクで20枚ぐらい撮ってます。
なので視差を自由に調節できるし、レンチキュラー画像を生成するにあたって視点数も多くできる。うまくするとレンチキュラーの存在をあまり感じないようにも見せられる。

で、つくづく、nimsloの4視点レンチキュラーとたべもの3D写真のレンチキュラーを比べると、nimsloは細かい部分がよりちらつきますね。これは、視点数の違いだけではなく、写真4枚撮るにあたって、それぞれのレンズの歪み具合、レンズの微妙な位置の違いによるものではないかと。
もちろんPCである程度補正するんだけど、GIFアニメにして違和感なければまあいいや、というレベルではまだ補正が足りないような。でも今以上に補正するのは厳しいし、ちょっとやそっとでどうにかなるとも思えない。

nimsloやNishikaって、実はあんまりレンチキュラー向きじゃないな〜。GIFアニメ向きだね。
80年代90年代に流行らなかった理由がなんとなくわかる。

あと、視野角の狭いレンチキュラーシートの方が、貼るときにまっすぐ貼らないと、シマシマができやすいような。…あーまた失敗した。

以上、 オレの認識は間違ってるんだろうか、正しいんだろうか。

参考:カレーパン10視点GIF

2017年7月14日金曜日

3D-GIF 作品展示 tha pino noir 2017.5.31

2017年5月31日
六本木 虎寅虎にてワタクシ企画の音楽イベントやりました。 
(このブログ2017.4.19 5.28 6.21の記述)
ドラムとギターボーカルの2ピース、Tha pino noirのライブ写真!
ドラムの後ろに脚立を立てて、上から撮りました。



nimslo 3Dカメラで撮影。

使用フィルムはもっぱらフジカラーC200


フィルムスキャナーはエプソンGT-F730
生産終了で現行機種はGT-F740

2017年7月9日日曜日

レンチキュラー3D写真やってみる lenticular

思うところあって3D写真をレンチキュラーで見るようにプリントする、というのをやってみました。
まず、レンチキュラーレンズを買いました。
えーと、よくわからんのだが、60LPIと30LPIのを1枚づつ買ってみた。LIPとは1インチあたりのレンズ(カマボコ状のレンズ)の数だってのは知識としては知ってるけど、感覚的にどれくらいなのかは、実物を見ないとわからない。
視野角は60LPIのが42度で、30LPIのが49度のを…ってこれも意味はわかるけど、実際の感覚は使ってみないとわかりませんねえ。

もちろん、nimsloやNishikaなど四眼カメラの写真をプリントするのですよ!
とりあえず、こんな感じで画像を作るのかな〜とテキトーにやってみた…うまくいかねー!
で、色々検索して、ふむふむ、画像を短冊状に切るだけじゃなく、細くして詰め込むのね。
それはわかったとして、画像のサイズとLPIの関係なんかもいろいろ試して、もーどれが正しく表示されてるのかわからなくなって、インクも紙も無駄にして、結局、理論上これでいいはずだ、というDPIで印刷。オレの安物プリンターをそんなに信用していいのか?

そんなこんなでやっと1枚、わりといい感じじゃないか、というのができました。
もともと、見た目の解像度が落ちる気がするからレンチキュラーの3Dプリントってそんなに好きでもなかったけど、ピタッと効果的な出来になる時もありますねこれは。

気をよくして次々とプリント、と思ったけど、これがなかなか難しい!
3D-GIFで効果的な画像ならいいかと言うと、全然そんなことなくて、レンチキュラーは写真を選びますね。
僕はできるだけダイナミックな3D-GIFになるように、nimslo 3Dカメラでも被写体に近寄って撮ろうとする(とは言ってもピントが合う範囲なので近くて1.5mぐらい)のだけれど、それでは近すぎる!レンチキュラーには近すぎる!
(視野角がもっと狭いといいのかな…)

それと、僕が好んで行う、カメラをぶんまわす長時間露光撮影もレンチキュラーには向いていないような。
光源を撮った時に、他のモノとは違う、3D的とは違う変化もあって面白いのだけれど、それがよくないような。縦方向に変化するのがレンチキュラー向きではないみたい。

本当、教科書的な3D写真じゃないとレンチキュラーに向いてないみたいだなあ。
Nishika N8000のマニュアルに書いてあったのは伊達じゃなかったんだ。
ええと、なになに、効果的な3D写真のための前面オブジェクトはカメラから6フィート(2m弱)の位置に、メインの被写体は15〜22フィート(5〜7m)の位置に。むうう、そうなのか!オレはメインを2mぐらいに置いてるぜ!

おそらく、ほとんどの人はそれまでのカメラと同じように撮るだろうから、nimsloやNishikaを買ったはいいけど、実際に高いお金だして3Dプリントしてみても、きれいに3Dに見えなくてがっかり、という事が多かったのではないかな。それであまり流行らなかったのかな。考えてみたらそれ以外に3Dで見る手段がない人もいっぱいいたろうから、がっかり具合が推察できますね。

僕が撮ったのは近すぎる写真が多くて、あるいは背景が遠くてもよくないし、なかなか写真を選びますねこりゃ〜。
更に、わりと手間がかかります。
Windows PCだったらステレオフォトメーカーという神ソフトで簡単に画像を作れるだろうけど、Macなのでこれはというソフトも見当たらず、仕方ないから手持ちのソフトFireworksで画像を短冊状にして、縮めて再配置してエンヤコラサ。で、プリントした画像をレンチキュラーシートに貼るのに超緊張!(レンチキュラーシートの片面に薄い粘着層があって、紙などを貼れるようになってるのもある) やり直しできないから、奇麗に貼れなかったら凹むよ〜。
このように手間がかかるので、自分なりに好きな写真じゃないとわざわざレンチキュラーにする気になれない。正直、風景写真って面白くないな。人物写真でも知り合いが写ってる方がいいな。ますます写真を選びますね。

ただ、それだけに、そのせいか、ドンピシャに効果的なレンチキュラー写真ができると、「おお〜!」って思いますね。
僕はわりといっぱい撮ってるつもりなんだけど、その数は少ないかも。
まあ食べ物3D写真なら、視点数が多いから効果的な視差を求めやすくていいかも知れないけど、せっかくデータではなくプリントしたモノなので、人に渡せるのがいいな。

--------------------
追記
Twitterで@_mer2さんから、レンチキュラー画像作成できるwebページを教えてもらいました!
http://z800.yokinihakarae.com/html5test/ne05e_prn_b.html
すげー!超簡単に画像ができた!Fireworksでどうやって画像作成してたか、恥ずかしくて言えないよー!
-------------------


何年か前にアクリルカッターを購入して何度か使ったんだけど、なくしちゃったみたい。あった方がいいのが分かっていたので、アマゾンで安いのを買いました。

2017年7月7日金曜日

3D-GIF 作品展示 UBI&FU 2017.5.31

2017年5月31日
六本木 虎寅虎にてワタクシ企画の音楽イベントやりました。
(このブログ2017.4.19 5.28 6.21の記述)
2マンライブだったのですが、そのうちのUBI & FUの写真を何枚か
nimslo 3Dカメラで撮影


これはリハーサル時ですね

使用フィルムはもっぱらフジカラーC200


フィルムスキャナー エプソンGT-F730
生産終了で現行機種はGT-F740

2017年7月5日水曜日

Light BlasterにLensBabyダブルグラスオプティック+専用ワイコン

このブログ2017.6.232017.6.30の記述のつづき。
Light BlasterにLensBaby Sweet 35オプティックではちょっと投影角度が狭い、nimslo3Dで撮るには狭いので、もっとワイドなレンズを…
ダブルグラスオプティックは50mmだからもっと狭くなるけど、専用のワイコンがあるから、それを付けてみよう!
ちょっと大きく重くなるけど、SIGMAの30mmよりまだ軽い。
ちなみに、どっちもキャノンのEFマウントなんだけれど、LensBabyがちょっとゆるいんだか、Light Blasterがちょっとゆるいんだか、普通にしてても外れそうなので黒いテープで止めてます。
SIGMAの30mmとLight Blasterなら別に外れそうな気配もないんだけどね。

投影イメージのピント合わせがまた難しいぞこりゃ。
いったん、レンズが引っ込んだ状態にして、なんとなくこのへんかな〜とピントリングをまわしてテスト撮影を重ねる。
自分の右手親指のツメを基準にピントリングのまわし具合を計りました。
ツメの幅が15mm…まあそれはともかく、
LensBabyのレンズ先端から被写体までの距離が1.5mなら「2.4ツメ」(約36mmリングをまわす)
被写体までの距離が70cmなら「2.5ツメ」
被写体までの距離が35cmなら「2.7ツメ」
となりました。微妙〜!自分用のメモとしてここに記しておきます。

目印とするために、白いテープを小さく切ってLensBaby Cmposer Proに貼ってあります。

HOLGA-160S使用前提なので近くても1.5mぐらいだろうけど、他のストロボ用にもっと遠い場合も計っておいた方がいいかな。

追記:いろいろ計るたびに微妙に違うのでいやになってくる。ツメの幅で計るから正確じゃないってのもあるでしょうが。
いちおう、2.2mで「2.3ツメ」という事で…

35cmは普通にカメラを手で持っての自撮りモードですね。
nimslo 3Dでこんな感じの投影範囲。
この時のフィルター画像がこちら
もうちょっと投影角度が狭くてもいいですね。まあでも、現場できっちり中心を調整できない場合も多そうで、ある程度余裕があった方がいいから、これくらいでもいいのかな。
これだってそれなりに調整したんだけど、自撮りで位置調整は難しいですな。

そして、ダブルグラスオプティックなので、絞りは円盤を入れ替えて調整するのだ!うむむむ、ワイコン付けてるから手間が一層増えますね。ちなみに、今回の自撮りnimsloではさすがにストロボ近すぎるのでf5.6の円盤入れてます。





ダブルグラスオプティックはもう現行商品じゃないっぽい。アマゾンでは見かけても中古だったりLensBaby MUSEとセットだったり。むうう。

2017年6月30日金曜日

LightBlasterにLensBaby Sweet35オプティック

前回(2017.6.23の記述)のつづき

Canon EF-S24mmがLightBlasterに適さないので、じゃあ他に、自分が持っているEFマウントレンズで、明るくて軽いものは…
(暗くて軽いのだったらHOLGAのレンズもあるね)
LensBabyがありますね。ただ、一番広角でも35mmなんですねえ。
装着してみた。LightBlasterにLensBaby Cmposer ProとSweet 35オプティック。
むう、ストロボは前回と同じHOLGA-160S。まあ小さいね、軽いね。
Cmposer ProとSweet 35オプティックならシボリも変えられるし(開放でf2.5)、ピント調整もなんとかできるだろうと。
ただ、今までのが30mmレンズでnimslo 3Dカメラにはいい感じだったから、35mmでどうなるかしら。

デジカメ、フジのX10でテスト撮影
X10の最広角で、35mmフィルムカメラ28mm相当。カメラもLightBlasterもシャツまで1.2mの距離。
nimslo 3Dは50mmレンズで、更にハーフサイズなのでもっと狭くなるから、たぶん大丈夫かな。

せっかくLensBaby Cmposer Proだからチルトしてみた。
フィルターのデザインのせいか、そんなに面白くないですね。
ちょっと暗くなりますね。使い方によっては面白いかな。

LensBaby Cmposer ProとSweet 35オプティックを使用する場合のピント合わせメモ。
自分用にこのブログに残しておこう。
f値22の下にあるマルがどれくらい見えるか、のメモ。
実際には、ストロボHOLGA-160Sでは暗いので、あまり2mでは撮らないと思いますが。

実際のところ、Sweet 35オプティックとnimslo 3Dだと…カメラもLightBlasterも被写体から35cmで撮ると…
うーむ、これはこれで趣もありますが、もっと広角なレンズで投影したいですね。
あるいはカメラから被写体の距離よりも、LightBlasterから被写体の距離を遠くすればいいんだけど、コンパクトに持ち歩くシステムにするには難しいですね。
あるいはLightBlasterを90度向き変えて、縦長にフィルターを投影してもいいけど、中心合わせがシビアだなあ。

ワイコン付けてみる?重くなるのイヤだなあ。



2017年6月23日金曜日

LightBlaster用にCanon EF-S24mmレンズを買ってみたのだが

ストロボの光を利用して画像を投影するLightBlasterを持ってまして、買った当初は面白がって持ち出してたのですが、それなりに大きなシステムになってしまうので…まあだいたいスタジオで使うものですからね…あんまり最近は使ってなかった。

(このブログ LightBlasterに関する記述。2014.7.4など、 ブログのラベル"LghtBlaster"もあり)

僕が持ってる中では決して大きくないレンズ、SIGMA30mmとYONGNUOストロボYN560IIIを装着したLightBlaster。ごついよ〜
まあ、必要もないのにレンズフード付けてますけどね…

そもそも、LightBlaster用にパワフルなストロボがほしくてYN560IIIを買った気もしますが、小さいストロボを装着してみよう。
近頃のお気に入りViltrox JY610IIは不向きでした。ストロボを固定するマジックテープでうまく固定できない。できたとしてもストロボの表示面が隠れてしまう。
サイズ的にはNimslo純正のストロボもぴったりなんだけど、YONGNUOのリモートトリガーRF603IIに反応しないから却下。今さらワイヤードも面倒な。

思わぬ伏兵、HOLGA-160Sが…ぴったりだ!そのままだと固定されにくいんだけど、RF603IIを付けるとちょうどLightBlasterのボディをはさんでしっくり固定されます。

とりあえずレンズなしでHOLGA-160SとRF603IIを装着した状態。ストロボの発光面とLightBlasterのフィルター中心がちょうどいい位置になります。

こうなったらもっと小さい、軽いレンズが欲しい!
Canon EF-S24mmを買いました。安いし、以前からちょっと欲しかったんです。

パンケーキレンズって何か、おしゃれじゃないですか。
同じようなレンズでEF-40mmもあって、値段も同じくらい、明るさもf2.8で一緒、どっちがいいかな〜。
nimslo 3Dカメラ&LightBlasterの組み合わせで使うなら、40mmだと角度狭いような。30mmで丁度いい気がするから…24mmで広すぎてもちょっとなあ。EFレンズだといずれCanonのフルサイズセンサー機を買った時にも使えるからなあ(そんな予定はあるのか?)。
最短撮影距離がEF-40mmは30cm、EF-S24mmは16cm。じゃあEF-S24mmで決まりですね。

しかしこれがLightBlasterで使えない!がーん!
いや、使えない事はないんだけど、通電してないとピント調節できない。ピントリングを回しても何も変化がない。ピントリングが存在する単体レンズなのに、そういう事があるのね〜。
そもそも、買う前からLightBlasterでのピント調節は難しそうだと思っていたのだが。(ピントの目盛りがないので。このブログ2014.10.3の記述参照)
ピントは最後に使用した状態のままなので、ええと、デジタル一眼レフでLightBlaster用にピント調節して、カメラからレンズを外して、改めてLightBlasterに装着…そんなことやってられるか!ていうか荷物を軽くするための小さいレンズだってば。

まー、せっかく24mmでややマクロな撮影できるレンズを買ったので、エビ焼売を撮ってみた。
LightBlaster関係なし

24mmと言っても、フルサイズ換算だと40mmぐらいですか。

EOS70DにEF-S24mmでこんな感じ。見かけはそんなに悪くないと思いますよ。
フードが欲しいですね。メーカー純正のES-52はデザイン優先したんだか薄っぺらくて…大丈夫なのかな、それでも。

LightBlasterに装着するレンズについては、また次に書きます。






HOLGA 160S
スレーブ機能をオフにできないという、ある意味面白いストロボ。


MK320持ってないけど、LightBlasterに使えそうなサイズな気がする、その中では小さそうな気がする。光量的にはたぶん、これがギリ実用範囲かも。
でも8000円かよ〜。すでにYN560IIIを持ってるので、もっと高いストロボを買うのはなあ。