2017年8月15日火曜日

Lomography Redscale XR フィルム

ロモグラフィーのリアル店舗で
(検索したら今年8月、9月の営業日案内のページがあった http://www.lomography.jp/magazine/309245-lomography-plus-japan すげーな、8月半分休みじゃん!小売店なのに!さすが外資系!)
Lomography Redscale XRフィルムなんつうのがあったので買いました。

何やら赤っぽく写るようで…
これは↓2010年の記事ですが、
http://www.lomography.jp/magazine/34719-experiment-with-the-new-lomography-redscale-xr-film
現在は通販ページにもないし、もう生産してないのでしょう。

ISOが50から200ってなんだそりゃ。カメラの設定を200にすると(露出アンダー気味にすると?)より赤くなって、設定50にすると(露出オーバー気味にすると?)青みがかったりもする…ふーん。
nimsloの設定は100か400だし、ストロボの強さとかコントロールしてみますか。やってみよう!

TAPE & DRIVES
それなりにストロボ強めにしたつもりなんだけど、赤いですね〜。普通にISO200のフィルムだったら、手前の人物は完全に露出オーバーだと思う。

長時間露光(1〜2秒程度)は
ヴォルケーノ・オレンジ!
全然青くならないですよ。まだまだ露出が足りないのかな。
これは露出による効果ではなく、PCで色補正する際、あえて赤の暗い部分を下げてみた。

どうもライブハウスでは赤いばっかり。そりゃまあ、もっと長時間の露光をすると違うかも知れないけど。
外で撮らないと青みがかってくれないかな。



Redscale XRフィルムは僕が買った後にもう一箱残ってたけど、数日後にお店に行ったらもうなかった。最後の在庫だったのかな。


使用スキャナ エプソンGT-F730の後継機F740

2017年8月10日木曜日

revologフィルム使ってみた 460nmとTexture

ちょっと変わったフィルム、revolog 460nmをLomographyのリアル店舗で3ヶ月ぐらい前に買って、それっきりだったのを使ってみました。

revologはオーストリアのフィルムメーカーと言いますか、フィルムを加工してヘンな色にしたりヘンな効果が出るようにしたり。
http://www.revolog.net/en/

日本語でのフィルム紹介ページは…Lomographyでもいいけど、1ページでいろいろ紹介されてるこのページがありました。
http://superheadz.com/film/
しかし通販サイトとしてはもう扱っていないような…

revolog 460nm

何だか青っぽく写るみたいですね。
それすら忘れて、これ、どんなエフェクトだっけ?と思いながら撮ってみた。

nimslo 3DカメラでTha pino noirのスタジオレコーディング風景を撮る。
最初のワンテイク、バルブ撮影なのにNDフィルター付けるの忘れて、おっと、今のは明るすぎだな〜、まっしろしろだな〜、と思っていたら、それが一番まともに撮れてた。
なにやらシュールなレコーディング風景ですが、ストロボを遠慮したからでもあるのですね。それでも今までの経験からそれなりの写真は撮れると思ったんだけどなあ。
だって他は暗い写真ばっかりなんだよ。シャッター2秒ぐらい開けてるのに。
なんかもう、GIF化して何が写ってるのか確認するの面倒臭い。

パッケージにはISO200と記されているので、いつものフジカラーC200と同じ感覚で撮ってたけど、これ200だと思わない方がいいぞ、25とか、20とか、それくらいじゃないの?
NDフィルターなしでちょうどいいくらいだった。

最初の1本はそんな事わからないから、ひたすら暗い写真を撮るのだ!
国立科学博物館のトリケラトプス。バルブ撮影。NDフィルター有り。

トリケラトプス。通常撮影。ストロボ使用。NDフィルター無し。

上野公園の噴水。夜じゃないよ、昼間だよ。夕方だけど。通常撮影。ストロボ不使用。NDフィルター無し。

スキャナーがまず自動補正してるし、その後もアプリケーションで補正してるので、上の写真すべてが「こう写ってます」といい切れるものではないけど、暗いよね。
もちろん、nimsloのフィルム感度設定スイッチは100にしてます。こうすると通常撮影においては、400よりも100の方が「暗いフィルムが入ってるんだから明るく撮らなきゃ」とnimsloが思ってくれるのです。

そもそも現像プロセスが違うのかな〜とも思った。パッケージにC41って書いてあるからお店でC41でお願いしてるけど、スピード現像には向いてないのかな〜とか。
現像されたフィルムを見ると、一カ所だけ、効果となる薬品が塗れてないんだか剥がれてしまったんだか…
ほほ〜お、もとはコダックのフィルムなのね。ケースがコダックなんだけど、中身もコダックだったか。
(スマホの上に置いて撮ったので、ディスプレイのブツブツが写ってます。あと、部屋の物もぼんやり写り込んでいます)
ちなみにこの、紫じゃない部分、薬品?が剥がれてる?部分が本来の露出、僕が想定していた写りです。やっぱりかなり暗くなるようで。
こう暗いと分かっていれば、それなりの撮り方もあったのに。
次はそうしよう。NDフィルターなしでバルブ撮影しよう。



もう1本、revologのフィルムTextureを
https://shop.lomography.com/jp/films/35mm-film/revolog-12exp-texture-1pack
先日買って、撮ってみました。

水玉、というよりも油膜みたいなテクスチャで困ってしまうフィルム。
そしてこれ、12枚撮りで980円!タカーイ!
12枚撮りってことは、nimsloだと6テイクしか撮れないじゃん!現像代がパレットプラザでの702円として、計1682円、1テイクあたり280円!
フィルム装填する時、無駄に感光させるのがもったいないのでトイレにこもって(暗い中で)手さぐりで装填しました。やればできるもんだ。
したらば、最初の1回もふくめて、8回シャッターを切れました。7テイク撮れるんじゃないかな〜と思って、7回撮って、更にまだフィルムを巻けるから、これはひょっとしてちゃんと装填できてなかったのではないかとハラハラしたけど、8回目の後が正常に「巻けなかった」ので安心。
ただ、最初のテイクは一部感光していた箇所と重なっていたので、やはり7テイクが妥当なところでしょう。暗所で装填しなかった6テイクだな〜。
今後もこういう高いフィルム使うなら、出先でも暗所装填できるようにチェンジバッグ買う?

ちなみに、revolog 460nmは1480円。更に高いけど、36枚撮りなのでワンテイクあたりだと460nmの方が安い。
もっとも、Textureは飛び道具っぽいから、12枚撮りぐらいでもいいのかもね。現像代安くならんかな〜。

revolog Textureをトイレ装填したnimslo 3Dを持ってTAPE & DRIVESのライブに行きました。
最初の1枚はライブハウス近所のラーメン店。テスト撮影だからいろいろ撮っておきたい。
惜しい、もうちょっと巻いてからフィルムを引っ掛けていれば(フィルムスタートの無駄な感光部分が終わってすぐに写真の露光になるように、ある程度空巻き(カラマキ)してからフィルムを引っ掛ける…手さぐりでそんなコントロール難しいだろ!やってみたつもり)、4コマ撮れたろうなあ。でもフィルムの終わりも少ししか余裕がなかったので、スタートがうまくいっても8テイクは無理だろうなあ。

revolog TextureもパッケージにはISO200とありました。ほんまかいな?と思ったけど、自動露出で撮るとなるとどうしようもない。けどまあ、このラーメン屋の写真は普通に撮れてますね。夏の屋外、夕方4時半頃。ちょっと暗い写りかな。カメラの設定はISO100だからもっと明るく撮れてもいいと思う。
くどいようですが、スキャナー取り込み時にソフトが自動補正してます。
油膜効果については、ぱっと見た感じ、あんまり目立たないね、暗い方が効果は出るらしいけど。
現像するまではrevolog 460nmと同じようにISO200どころじゃない暗さになるかもと思って、ライブ撮影ではストロボの設定を明るくしました。と言ってもGN32だったかそれくらい。ストロボはViltrox JY610II


ヤヴァイ!楽しい!
KING BROTHERSじゃないよ、TEPE & DRIVESだよ。

上の写真、肌色の暗部が青っぽいのはそのようにPCで補正してるからです。
普通にしてると油膜の赤っぽさが強いので。
ちなみに現像は460nmと同じお店でやってもらいました。ちょっと暗い気もするけど、460nmほどではないですね。普通に使用できます。

惜しむらくは…3D写真なのに立体感が薄れてしまうこと!うわー、致命的で素敵!



チェンジバッグとは…カメラを中に入れて、光が入らないように手を入れる穴もあって、明るいところでも手探りでフィルム装填などできる袋。フィルムの値段が高くて撮れる枚数が少ないと、本気で購入・使用を検討するかも。


2017年8月5日土曜日

3D-GIF 作品展示 国立科学博物館地球館B1

2017年5月
上野の国立科学博物館にて
nimslo 3Dカメラで長時間露光
Lomochrome Turquoise フィルム使用




という…私のお気に入りLomochrome Turquoise フィルムなのだが、
https://shop.lomography.com/jp/lomochrome-turquoise-35mm-10pack
webショップでもリアル店舗でも、在庫は中判フィルムだけなようす。
また作って売ってほしいなあ。

国立科学博物館
http://www.kahaku.go.jp

このブログのラベルlomochromeの記述
https://yhmv.blogspot.jp/search/label/lomochrome

2017年7月28日金曜日

なぜあなたはnimsloを持っているのにNishikaを使用するのか?

インスタグラムで「なぜあなたはnImsloを持っているのに、Nishikaを使用するのか?nimsloはより優れたカメラである」と質問を受けまして、条件がよければNishikaはとても鮮やかな写真を撮れる、とかなんとか答えました。外国語をGoogle翻訳してなので多少ニュアンスは違うと思いますが。

確かに、nimsloはガラスレンズで高精細な写真が撮れるし、自動露出もわりと実用的で、間違いなくNishikaより優れたカメラです。
実際、僕はフィルム3D-GIFの九割五分ぐらいnimsloで撮ってます。しかし残りの五分は…たまにNishika  N8000を使用しています。
なぜってやはり、nimsloで撮れない情緒的な写真も撮れる場合があるからです。
nimsloは普通に撮ったら普通の写真、Nishikaは普通に撮ってもNishikaっぽさをぶつけてくる。

まず、nimsloとは別の鮮やかさがNishikaで撮れる場合。
nimslo 3Dで撮ったメロマランディ。


一方、Nishika N8000で撮ったメスキノコ
PCで色補正するんだから、これをカメラの違いと言っていいのかどうか。
でもあんまりこだわりなく、普通に補正してこうなったんだなあ。
もちろんフィルムの違いもあるでしょう。メロマランディはロモグラフィーカラーネガ100で、メスキノコはコダックSUPER GOLD400。

余談。コダックの安いフィルムってもうないのかなあ。アマゾンではSUPER GOLDないみたいだし、eBayを見るといちおう、ColoPlus売ってるけど、さほど安くないなあ。ワタクシの認識ではSUPER GOLDは日本でのパッケージで、中身はColoPlusと一緒。両方買ってみて、あれ?これ同じじゃん、って。まあ本当の中身はわかりませんが。もう日本パッケージは全部在庫がなくなったのかな。

上の写真を見るとNishikaが鮮やかでいいように見えるけど、条件がよくないと(光が過不足なくあたらないと)、こう鮮やかにならないし、Nishikaはシボリがマニュアルなのでそれを忘れてて失敗する事もある。

nimslo 3Dで撮った桜。曇り空。フジカラーC200

Nishika N8000で撮った桜。曇り空 。フジカラーSuperia X-Tra 400
ちょっと補正の差もありそうだけど、
nimsloは普通の風景を普通に撮ると普通の写真(それはそれで優れたカメラ)。だけどNishikaは…ってわかってもらえるのではないかと。

Nishikaがもっと小さければ、もっと持ち歩くんだけどね。
Nishika N8000より小さいN9000も持ってるけど、それでもnimsloの方が小さいし、僕のNishika N9000は壊れてるんだか、ストロボが光らないんだなあ。

2017年7月18日火曜日

レンチキュラー立体写真試作その後 lenticular

このブログ2017.7.9の記述「レンチキュラー3D写真やってみる」のつづきと言いましょうか。

60LPI(視野角74度)と75LPI(視野角59度)のレンチキュラーシートも買い足して、とにかく試作・試作・試作!(前回買った60LPIは視野角42度。30LPIは大きなプリントじゃないとあまり使わなそうですね)

印刷DPIの簡単な求め方としては、たとえば60LPIで4視点画像だったら60と4の公倍数をDPIにすれば考えやすいはず。240DPIとか、480DPIとか。
印刷サイズとDPIで画像の縦横ピクセルが決まるので、それにあわせて元画像を拡大・縮小します。

まあそれは、自分でFireworksで印刷画像を作成していた時の考え方で、
Twitter @_mer2さんから教えてもらった
http://z800.yokinihakarae.com/html5test/ne05e_prn_b.html
を利用するのには、そんなシバリはなくてもいいんだけど、こういう、ベースとなるDPIの求め方があった方が、あまり悩まなくて済むかも。
(↑すげー便利なページ。今回の試作・試作・試作はこのページがあればこそ!)

で、60LPIレンチキュラー用に、4視点の画像をLサイズ縦写真で480DPIでプリント、やってみた。
うむむ、いくつかやってみたけど、視差が大きいとよろしくない。どうよろしくないか表現しにくいけど、おおきなスジが縦に発生してしまう。じゃあどれくらいの視差なら、って計ってみたら基準点からプラスマイナス2%ならわりとスジ発生しないかな。
計4%の視差であれば立体写真としてはまあまあなんだけど、基準点からってのがクセモノで、だいたいはっきり細かく見せたいものは手前に置くから、奥2%の視差しかないのは、立体写真として寂しいですね。

で、いろいろ試してみて、DPI値を微妙に変えてみようかしら?DPIを少し増やすと、スジが太くなってそのぶん境目がぼんやりして目立たない。あんまりDPI増やすと基準点の細かいところが判別しにくくなるので1.04倍ぐらい…本来480DPIなら499DPIでプリントするのがよさそうだぞ、という結論が出かかっています。
こうすると、視差は基準点からプラスマイナス4%ぐらいまで許容できます。
これがプリンターの性能の問題なのか、「そういうもの」なのか、わかりません。

更に小さいサイズのプリントなら、Lサイズの半分の名刺サイズぐらいなら、同じやりかたでプラスマイナス5%ぐらいの視差もいけますね。
ただ、小さいプリントでレンチキュラーだと細かい質感の表現は難しくなって、記号的な画像表現にのみ適するようになってしまうような。75LPIでもやってみたけど、細かい部分の判別は…60LPIとそんなに変わらないような。

たべもの3D写真でも試作してみました。
これはわりといいですね。
たべもの3D写真はだいたいデジタル一眼レフを使用して、被写体は動かないで、カメラを動かしてます。ワンテイクで20枚ぐらい撮ってます。
なので視差を自由に調節できるし、レンチキュラー画像を生成するにあたって視点数も多くできる。うまくするとレンチキュラーの存在をあまり感じないようにも見せられる。

で、つくづく、nimsloの4視点レンチキュラーとたべもの3D写真のレンチキュラーを比べると、nimsloは細かい部分がよりちらつきますね。これは、視点数の違いだけではなく、写真4枚撮るにあたって、それぞれのレンズの歪み具合、レンズの微妙な位置の違いによるものではないかと。
もちろんPCである程度補正するんだけど、GIFアニメにして違和感なければまあいいや、というレベルではまだ補正が足りないような。でも今以上に補正するのは厳しいし、ちょっとやそっとでどうにかなるとも思えない。

nimsloやNishikaって、実はあんまりレンチキュラー向きじゃないな〜。GIFアニメ向きだね。
80年代90年代に流行らなかった理由がなんとなくわかる。

あと、視野角の狭いレンチキュラーシートの方が、貼るときにまっすぐ貼らないと、シマシマができやすいような。…あーまた失敗した。

以上、 オレの認識は間違ってるんだろうか、正しいんだろうか。

参考:カレーパン10視点GIF

2017年7月14日金曜日

3D-GIF 作品展示 tha pino noir 2017.5.31

2017年5月31日
六本木 虎寅虎にてワタクシ企画の音楽イベントやりました。 
(このブログ2017.4.19 5.28 6.21の記述)
ドラムとギターボーカルの2ピース、Tha pino noirのライブ写真!
ドラムの後ろに脚立を立てて、上から撮りました。



nimslo 3Dカメラで撮影。

使用フィルムはもっぱらフジカラーC200


フィルムスキャナーはエプソンGT-F730
生産終了で現行機種はGT-F740

2017年7月9日日曜日

レンチキュラー3D写真やってみる lenticular

思うところあって3D写真をレンチキュラーで見るようにプリントする、というのをやってみました。
まず、レンチキュラーレンズを買いました。
えーと、よくわからんのだが、60LPIと30LPIのを1枚づつ買ってみた。LIPとは1インチあたりのレンズ(カマボコ状のレンズ)の数だってのは知識としては知ってるけど、感覚的にどれくらいなのかは、実物を見ないとわからない。
視野角は60LPIのが42度で、30LPIのが49度のを…ってこれも意味はわかるけど、実際の感覚は使ってみないとわかりませんねえ。

もちろん、nimsloやNishikaなど四眼カメラの写真をプリントするのですよ!
とりあえず、こんな感じで画像を作るのかな〜とテキトーにやってみた…うまくいかねー!
で、色々検索して、ふむふむ、画像を短冊状に切るだけじゃなく、細くして詰め込むのね。
それはわかったとして、画像のサイズとLPIの関係なんかもいろいろ試して、もーどれが正しく表示されてるのかわからなくなって、インクも紙も無駄にして、結局、理論上これでいいはずだ、というDPIで印刷。オレの安物プリンターをそんなに信用していいのか?

そんなこんなでやっと1枚、わりといい感じじゃないか、というのができました。
もともと、見た目の解像度が落ちる気がするからレンチキュラーの3Dプリントってそんなに好きでもなかったけど、ピタッと効果的な出来になる時もありますねこれは。

気をよくして次々とプリント、と思ったけど、これがなかなか難しい!
3D-GIFで効果的な画像ならいいかと言うと、全然そんなことなくて、レンチキュラーは写真を選びますね。
僕はできるだけダイナミックな3D-GIFになるように、nimslo 3Dカメラでも被写体に近寄って撮ろうとする(とは言ってもピントが合う範囲なので近くて1.5mぐらい)のだけれど、それでは近すぎる!レンチキュラーには近すぎる!
(視野角がもっと狭いといいのかな…)

それと、僕が好んで行う、カメラをぶんまわす長時間露光撮影もレンチキュラーには向いていないような。
光源を撮った時に、他のモノとは違う、3D的とは違う変化もあって面白いのだけれど、それがよくないような。縦方向に変化するのがレンチキュラー向きではないみたい。

本当、教科書的な3D写真じゃないとレンチキュラーに向いてないみたいだなあ。
Nishika N8000のマニュアルに書いてあったのは伊達じゃなかったんだ。
ええと、なになに、効果的な3D写真のための前面オブジェクトはカメラから6フィート(2m弱)の位置に、メインの被写体は15〜22フィート(5〜7m)の位置に。むうう、そうなのか!オレはメインを2mぐらいに置いてるぜ!

おそらく、ほとんどの人はそれまでのカメラと同じように撮るだろうから、nimsloやNishikaを買ったはいいけど、実際に高いお金だして3Dプリントしてみても、きれいに3Dに見えなくてがっかり、という事が多かったのではないかな。それであまり流行らなかったのかな。考えてみたらそれ以外に3Dで見る手段がない人もいっぱいいたろうから、がっかり具合が推察できますね。

僕が撮ったのは近すぎる写真が多くて、あるいは背景が遠くてもよくないし、なかなか写真を選びますねこりゃ〜。
更に、わりと手間がかかります。
Windows PCだったらステレオフォトメーカーという神ソフトで簡単に画像を作れるだろうけど、Macなのでこれはというソフトも見当たらず、仕方ないから手持ちのソフトFireworksで画像を短冊状にして、縮めて再配置してエンヤコラサ。で、プリントした画像をレンチキュラーシートに貼るのに超緊張!(レンチキュラーシートの片面に薄い粘着層があって、紙などを貼れるようになってるのもある) やり直しできないから、奇麗に貼れなかったら凹むよ〜。
このように手間がかかるので、自分なりに好きな写真じゃないとわざわざレンチキュラーにする気になれない。正直、風景写真って面白くないな。人物写真でも知り合いが写ってる方がいいな。ますます写真を選びますね。

ただ、それだけに、そのせいか、ドンピシャに効果的なレンチキュラー写真ができると、「おお〜!」って思いますね。
僕はわりといっぱい撮ってるつもりなんだけど、その数は少ないかも。
まあ食べ物3D写真なら、視点数が多いから効果的な視差を求めやすくていいかも知れないけど、せっかくデータではなくプリントしたモノなので、人に渡せるのがいいな。

--------------------
追記
Twitterで@_mer2さんから、レンチキュラー画像作成できるwebページを教えてもらいました!
http://z800.yokinihakarae.com/html5test/ne05e_prn_b.html
すげー!超簡単に画像ができた!Fireworksでどうやって画像作成してたか、恥ずかしくて言えないよー!
-------------------


何年か前にアクリルカッターを購入して何度か使ったんだけど、なくしちゃったみたい。あった方がいいのが分かっていたので、アマゾンで安いのを買いました。