2018年7月21日土曜日

3D-GIF 作品展示 ED WOODS

2018年7月、幡ヶ谷HEAVY SICKにて撮影。

フィルムはロモグラフィーの400

しかしPCで白黒にしてみたり。



カメラはnimslo 3D
使用フィルムはLomography color negative 400


2018年7月4日水曜日

エツミ レリーズブラケットをnimsloで使ってみようかな

エツミ レリーズ付ブラケット E-6205を買ってみました。

レリーズが使えないコンデジなどをレリーズが使えるようにする物です。
(お、コンデジは死語ですか?)
コンデジじゃなくても、そこそこ小さいカメラだったら使用できるような。
これをnimslo 3Dで使ってみようかな、と。
いやそもそも、nimslo 3Dは汎用レリーズ使えるのだ。使えるからこんなのいらないはずなのだ。
しかし、nimslo 3Dはシャッターボタンが弱い、気がする。以前にはよくレリーズ使用してたけど、なーんかシャッターボタンが調子悪くなる。で、しばらくレリーズを使用するの控えたり。
一部カバーを外して中をいじった時も、やっぱりシャッターあたりの構造が弱いと思った。部品が外れかかりやすいと言いましょうか。
結局ずっとレリーズ撮影してないので、このブラケット使えればいいかな〜と。

まず大きさはやっぱりちょっとnimsloには小さかった。
よく見ると高さをもうちょっと伸ばせるように穴を替えられるのでそのようにして、レリーズを差し込むピン自体も位置調整できるので高くしてみた。
三脚ネジ穴に固定できないと困るので別のプレートを追加して…その分さらに高くなるけど…おー、できた。
よく見たらもうシャッターボタン押してる?
いや、まだ押しきってはいない、待機状態です。ストロークが長くないから、これくらいギリギリで待機してないと撮れないんです。レリースを挿してぐいと押すと、シャッター切れた!
上の写真の状態でシャッター半押しなんですが、困った事にシャッター半押しだと電池が消耗するんですね。うーん、まあしゃあないか。
緑のまるっこいのが上下に動くストロークが決して長くはなくて、使用するレリーズによっては本当にちょこっとしか動かない。

この「エツミ レリーズ付きブラケット」には商品名どおりレリーズが付属してるのですが、これの全長が短くて「なんじゃこりゃ〜」てなもんでして、こんなの使わないだろ、と思っていたのですが、実際使ってみると僕が持ってる他のレリーズではストロークが足りなくて、付属のレリーズがわりと実用的かも知れない。ていうか、レリーズは短い方がストロークが長いの?安いのしか持ってないからなあ。
あと、以前に買ったダブルレリーズがストローク長くてこのシステムには実用的なような。意味無しダブルかっこよくないけど。

それと、うまいぐあいにいけば、セルフタイマー(ゼンマイレリーズ)使えるかなと思ったけど、やはりストロークが短くて使えなかった。
ちなみにこのシステム、ホットシューにかなり近づくので、装着できるストロボの形状に制限があります。ホルガの縦長しか付けられなーい。
という事で、エツミ レリーズブラケット、nimslo 3Dでも一応使えます。レリーズ直挿しよりもnimsloに優しいのではないかと。壊したくないからさ。





2018年6月27日水曜日

コンビニでSUPERIA PREMIUM

近所のコンビニで、フジのカラーネガフィルムSUPERIA PREMIUM 400の27枚撮りが処分価格340円だったので買ってみた。

まーコンビニでフィルム売ってたのか、ってのもあるけど、まー誰も買わないだろうねえ。田舎のコンビニだし、田舎じゃなくてもね。
SUPERIA PREMIUM 400 27枚撮りちゅうたら、アマゾンでは

618円!
今回コンビニで処分セールやってたのは使用期限が昨年10月だからまあ、妥当な金額...かな。

普段は24枚撮りよりも36枚撮りを買うようにしてます。現像代が同じなら、フィルムそのものの値段をプラスして、一枚あたりの値段を計算すると36枚撮りの方が安いから。
でも27枚撮りってどうなの?nimsloで普通に撮ると13テイク?暗いところで装填したら14テイク撮れるか?ちなみに24枚撮りではやはり12テイクしか撮れません。
やってみた、トイレで装填。そして14テイク撮れました!

 現像代が648円として、36枚撮りが一本450円として...nimsloだとワンテイク61円。
27枚撮り340円が14テイク撮れたなら...ワンテイク70円。やっぱり36枚撮りが安かった。

普段使用しているのはSUPERIA X-TRA 400です。SUPERIA PREMIUMの方が高級です。たぶん。値段高いから。で、写り具合はどーなのよ、奇麗に撮れてるのかなあ、よくわかんないなあ。
カメラ nimslo 3D
フィルム FUJI SUPERIA PREMIUM 400
スキャナー EPSON GT-F730
ジョイフル本田守谷店前の恐竜君。なんか痛々しい。
スキャナーで自動補正してるし、PCソフトでも補正してるので、これがフィルムの能力を現しているのかというと、うーん、わかりません。

友人夫妻。舞踏舎天鶏の公演後に。

上野公園のさつきフェスティバルの縁日にて。なんかすごい。

結局、コンビニでは3本売ってて、まず1本買って、数日後にまだ売ってたからもう1本買って、数日後にまだ売ってたから残りの1本を買いました。最初から3本買えって?前述のように、現像代も含めたワンテイクあたりで考えるとさほど安くもないし、誰か他の人が買ったならそれもそれで良い事ではないかなと。 でも誰も買わないみたいだから。普段使わない高級フィルムだから買っておいてもいいかなと。27枚撮りが丁度いい時もあるだろうし。



2018年6月18日月曜日

3D-GIF 作品展示 過去作を微修正 Adachi Water

実家に引っ越して、どうにもテンションが上がらない日々。
「撮影」に腰が上がらない。
過去作品を微修正して、どうにか意欲を維持してみるのだ。

2013年9月
足立区役所前公園の水飲み場で撮影。

修正前のバージョン
https://www.flickr.com/photos/parallel_yoshing/9652196894/sizes/o/

カメラはいつものnimslo 3D

カラーフィルムだけれど、PCで白黒にしました。
背景をできるだけ黒くしたくて。



フィルムはアルバムに入れてます。


せっかくだからアマゾンで「足立区 名物」で検索したけどヒットしたのは「足立区」のみなような。

2018年6月4日月曜日

GIFMAGAZINEとTwitterでもGIFood3D

GIFood3Dは僕がtumblrでやってる食べ物3D写真ブログのタイトルで、
http://gifood3d.tumblr.com/
最近めっきり更新が減ってるのですが、更に引っ越したことで、どうもこういった活動にあまり時間を割けなくなって、うむむ、過去素材をGIFMAGAZINEにアップすることで何か創作を続けているような気分になれるかしら、という事でGIFMAGAZINEにもたべもの3D-GIFをアップ、それをほぼ必ずツイートするので、twitterにもアップと言いますか、twitterとGIFMAGAZINEのタグ#GIFood3Dで見られるようにしてます。
twitter #GIFood3D
GIFMAGAZINE #GIFood3D
まーもちろん、誰でも投稿できるタグなので、今後も僕の作品が表示されるとは限りませんが…

なぜか今回、アップした最初のGIFが10視点だったもので、その次からもずっと10視点の3D-GIFにしてます。なんとなく。過去に同じ素材を使用していても、10視点ではなく4視点程度のGIFでのみしか制作・公開してない作品ばかりなので(今のところ)、過去作品そのままではないのですね。まーいずれネタは尽きるのですが。

ロールケーキ!10視点!

メロンプリン!10視点!

ガトーモンブラン!10視点!
思い出した。そもそも10視点バージョンを作りはじめたのは、Android端末用ソフトの3Dsteroidで見ると効果的だからだ!
(このブログ2015.2.28の記述)
そうなるとGIFではなくなってしまうTwitterはつらいですね。GIFMAGAZINEもgifのダウンロードにはあまり親切ではないような。ていうかGIFMAGAZINEも結局GIFをムービーに変換してるような。
GIFダウンロードしやすいFlickrにアップロードせなあかんかなあ。まあおそらくこのブログからもGIFダウンロードできると思いますので。



使用カメラはCanon 7Dか70D




レンズはもっぱら…10視点だとSIGMAの30mmかなあ。

2018年5月4日金曜日

3D-GIF 作品展示 gloptin

2018年1月。池袋のライブハウス手刀にて撮影。

gloptinはソロドラマー。
ストロボ照明を持ち込むので(すげーな!)、カメラのフラッシュと組み合わせて長時間露光すると面白い写真になる。

カメラを落としてフィルム室が一瞬開いてしまった↑

使用カメラ
nimslo 3D
使用フィルム
フジカラーC200
 
なんか異常な値上がり、というかアマゾン直での在庫がなくなったから値段高いお店のみになったのか?

使用フィルムスキャナー
エプソンGT-F730
現行機種はGT-F740


2018年4月13日金曜日

revolog volvox film 使ってみた

ちょっと変わったフィルムrevologについて、以前にもこのブログに書いてましたが、
(このブログのラベル「revolog」の記事)
 なんか変な色になったり、テクスチャが現れたりするのですね。
今回は初めてrevologのvolvoxを使ってみました。
revologのサイト内volvoxのページ
http://shop.revolog.net/product/volvox
明るい緑色の大小ドットがランダムに現れる…

フィルムは36枚撮りで売ってました。
Kalimar 3D Wizardカメラで色々録ってみた。(Kalimar 3D Wizard このブログ2013.4.3の記述)
ハーフ3枚ぶんでワンテイクだから、24テイク撮れますね。revologフィルムはお値段高いから、少しでも多く撮るためにトイレ(暗室)で装填!おっと実家に引っ越したらトイレが暗室じゃなくなったぜ。でも一番暗い部屋かな。なのでやっぱりトイレで装填。

tha pino noirアルバムジャケ撮影のついでにお遊び撮影。
うーん、ダルマでスパークお手玉?
一番最初のテイクだからか、緑玉は少ないです。
端が赤っぽいのは感光してるからだと思う。トイレ装填にも限界がありますから。
もともと製品となっているフィルムになにか薬品を塗るかして効果を得ているようなので、最初と最後は効果が少ない、というのはありそうですね。

2テイク目
だんだん緑玉が大きくなって増える。
どーんときました!
浅草のやきとん屋さん
面白い効果ですねこりゃ!
ちょっと立体効果が薄れるのが難かなあ。
連写カメラでも面白いかも。

桜スパーク!

revolog volvoxフィルム。ロモグラフィーで買いました。
https://shop.lomography.com/jp/revolog-volvox-36exp-1pack?country=jp